Home>抜け毛の原因

抜け毛の原因@紫外線

夏になると、抜け毛が増えてしまったという人も多いのではないでしょうか。抜け毛の原因には様々なものがありますが、その中のひとつに、紫外線があります。 紫外線は頭皮や毛髪にとても悪影響をあたえます。頭皮や毛髪が日焼けしてしまうと、炎症を起こしたりして抜け毛の原因となってしまうのです。


強い紫外線を浴びつづけると、頭皮は日焼けをします。日焼けは火傷と同じことなので、決して肌によいはずはありません。紫外線には、頭皮の細胞を破壊してしまう作用があり、皮膚が老化してしまうのです。また、毛髪自体も、紫外線を浴びることで、毛髪を構成している毛母細胞が刺激を受けてしまい、抜け毛になってしまいます。


その他、紫外線には皮脂を酸化させてしまう働きがあります。紫外線を浴びると、頭皮で皮脂が酸化してしまいます。皮脂が酸化すると、毛穴が詰まってしまうのです。酸化した皮脂のために毛穴が詰まると、抜け毛になりやすくなります。


このようなことから、頭皮のUV対策もとても大切だということになります。毛髪があるため、顔などよりは守られていますが、それでも日射しの強い下にいれば、日焼けをしてしまいます。抜け毛を少なくしたいと思っている場合は、帽子などをかぶることがとても大切になってきます。また、標高が高かったりすると、より紫外線の悪影響は強いです。


太陽の紫外線が頭皮や毛髪にあたえる影響は、とても大きいです。頭頂部から薄毛になる人が多いことは、頭の中でもっとも紫外線をあびやすいためだと考えられています。また、分け目がいつも同じ人の場合は、そこも紫外線を受けやすくなってしまうので、抜け毛がふえて薄毛になってしまう可能性が高いです。


このように、抜け毛の原因は紫外線にあることもあります。真夏はもちろんですが、冬や秋、春であっても、出来るだけ帽子などをかぶるようにしましょう。頭皮や毛髪に対しても、UVケアは怠らないようにすることが大切です。


Copyright © 抜け毛の原因って何? All rights reserved