Home>抜け毛の原因

抜け毛の原因@男性ホルモン

頭皮の毛は多く抜けてしまう人と、そうでない人に分かれます。この両者の違いは一体どこにあるのでしょうか。薄毛や抜け毛の要因となるものには、ストレスや頭皮環境の悪さが挙げられますが、一番の大きな要因は男性ホルモンにあります。


人は性別に関わらず、男性ホルモンと女性ホルモンという2つの異なる性ホルモンを持っています。バランスがうまく保たれているときは良いのですが、加齢やストレスなどにより、分泌量がどちらかに傾いてしまうと、さまざまな変化があらわれます。


男性ホルモンが増えると抜け毛が多くなってしまうのは、ジヒドロテストステロンの影響によるものです。もともと男性ホルモンのテストステロンは、発毛に重要な毛母細胞の働きを促す効果があります。

しかしこの成分が過剰になり、毛髪などに存在する5αリダクターゼという酵素と結合すると、ジヒドロテストステロンという新たな成分を生みだします。


そうなると皮脂分泌が過剰になって頭皮の毛穴を詰まらせたり、たんぱく質の合成を抑制してしまうため、髪の毛が成長できなくなってしまいます。前頭部と頭頂部の毛が薄くなって、ひげや体毛が濃くなってきたとしたら、それはジヒドロテストステロンの影響になります。テストステロンは年齢と共に減少し、酵素の分泌には個人差があります。


では、男性ホルモンのバランスを整えるには、どうしたらよいでしょうか。女性ホルモンが不足していると感じたら、豆腐や納豆などの大豆製品を取ることをおすすめします。大豆には女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをする、イソフラボンが含まれています。


エストロゲンは毛乳頭に成長を抑制させるように促します。つまり今生えている毛の寿命を長くする効果があるのです。さらに毛髪の酵素の分泌を抑制する働きのある、ノコギリヤシや亜鉛を摂取するのが良いでしょう。食品からとるのが難しい場合は、サプリメントで対応できます。普段の育毛ケアに合わせて、内側から改善していくことも、抜け毛対策では大切です。


Copyright © 抜け毛の原因って何? All rights reserved